現在地

雑記

口癖で性格は見抜けるのか

作成者:mattz 作成日:2010/03/05(金) 15:54

心理学:口癖

口癖で正確を見抜く?どれ試してみよう。このブログの検索で各キーワードを検索してみた。

実際には「べつに OR 別に」、「わりと OR 割とOR 割りと」で調べた。「何しろ OR なにしろ」も試したけど、どっちにしろ0件。「ちょっと」「なんか」「べつに」の順に多いが、それぞれの性格をみてみると

ちょっと
思考のテンポが遅い。
なんか
自分の強い意志を持っておらず人の意見に流されやすい。
べつに
マイペース型で協調性に欠ける。理屈っぽくプライドが高い。

だそうだが、「べつに」以外は当たってないような気がするけどねぇ。話言葉とは別でしょうけど。

Dripal 6.16リリース

作成者:mattz 作成日:2010/03/04(木) 14:40

Drupalの6.16がリリースされたので、本ブログにも適用しました。

抄訳

>セキュリティ脆弱性の修正とその他のバグフィックスだけで、新機能はないよ。新しい機能の追加はもうすぐでる「7」に期待してね。

>このリリースは、セキュリティ脆弱性の修正だから、さっさとアップグレードすることを推奨するよ。

その他のバグフィックスから注目点

> type='button'なformを復活させたよ!

気になったのはこれくらいかな。あとはホントにバグ修正って感じでした。詳細知りたい人は原文にあたってください。

10.50 beta2をsnapshotに上書きするのはやめた方がいいかも

作成者:mattz 作成日:2010/02/25(木) 10:23

ソースは俺。

2台のマシン(XPと64bit7と)でやって2台とも、いろいろと不具合出ました。twicliの設定が飛ぶとか、設定しなおそうとしてもできないとか、speeddial.iniが壊れるとか。

ちゃんとsnapshotを消してから入れ直せば解消するのも2台とも同じ。

はっきりとした根拠はないですけども。

元々betaとかsnapshotって上書きしない方がよかったりするわけなんですけども。

元々betaとかsnapshotってそれくらい自分で何とかしてよねって代物だったりするわけなんですけども。

3275を入れてみて追記

直後に出たsnapshot、build3275をインストールしても同じ。一応beta2のアンインストールはしたんですが、やっぱりそれだけ(各種設定ファイルは残る)だと似たように不具合出る。

speeddialは壊れなかったが、twicliで設定したCSS情報やフィルタの設定が飛ぶ。飛ぶだけならもう一度設定するだけなので構わないのだが、その後twicliの設定を保存することができなくなる。Cookieの削除とかも一応してみたけどやっぱりだめっぽい。

他にも頼んでもいないのにCSSのエラーでコンソール出たりもするし(とりあえずopera:config#UserPrefs|ErrorConsoleFilterにはcss=4と追記しておいた) 訳が分からん。

snapshotが出るたびにプロファイルの削除までやってられないので、beta3とかRC版とかそういう節目のビルドが出るまで入れないことにします。

Opera 10.50βのページ内検索

作成者:mattz 作成日:2010/02/17(水) 15:11

そうそう。10.50になってページ内検索の使い勝手が随分向上(主観です)しましたが、検索中にページが暗くなるのは嫌い(主観)です。

それはちょっと置いといて、先ほど全然別のこと、何かというとSpeed Dialの透過度は設定できるようになってないのかなぁと思ってopera:configでOpacityって検索してみたら、opera:config#UserPrefs|DimSearchOpacityっていう項目が見つかって、あ、これはと思ってそこの数値を下げてみたら、想像通り検索中の暗くなる度合いが下がったよ、って話。

Speed Dialの透過度らしき項目は残念ながら見つからなかった。

Opera 10.50β

作成者:mattz 作成日:2010/02/17(水) 14:56

ここしばらく常用中。困る点が二つ。

「ウェブアドレスに移動」が効かない

要するに「%t」が使えないって事らしい。「%t」ってのは「選択中のテキスト」をあらわすキーワード。参考までにアクション一覧 - Opera Wikiには他のキーワードも載って る。一時的なものなのか、廃止の方向なのかは大変気になります。

「Copy & Go to page, "%c"」で代用ってのは、教えていただく前に既に思いついてはいたのですが、iniファイルの編集をしないというのは、僕がOperaを 使う上でのポリシーなのでしない。まぁそうは言いながらもSpeed Dialの壁紙観賞のために、speeddial.iniにUIセクション追加したりはしてるってのは秘 密だよ。

これに関してはとりあえず復活を祈る。更に困った問題が

クラッシュするとメール再受信

分かる人にはこれだけで分かるかもしれませんが、POP3利用です。起動中はUIDLをメモリ上にしか持ってないのでしょうかね?正常に終了した後はそんなこともないわけだし。

さすがにベータだけあって、まぁ1日1回くらいはクラッシュします。それ自体はその程度のことは覚悟の上なので別に大した問題ではないのだけど、メールを重複受信するのはちょっと、いや、かなり嫌です。正式版になったってクラッシュするときはするんだから、この仕様はちょっとダメだと思います。

仕方ないので時々Operaを閉じるようにはしていますけど。とりあえずフォーラムに投げて様子みよう。

バンブー/マウンテン発売記念ライブに行ってきた

作成者:mattz 作成日:2010/02/13(土) 22:07

新宿タワーレコードで行われた、バンブー/マウンテン発売記念のミニライブを観てきました。

17時からのイベントで、15:45頃に会場に着きましたが、その時点で50人くらいはステージ前に。一番後ろに立ってみましたが、ステージ上のピアノがほと んど見えない。本番中も顔はほとんど直接には見られませんでした。ただちょっと上目から映したカメラがステージの後ろのモニターに映ってまして、ピアノを弾く手元が見られたのがちょっと嬉しかったり。

本番前にいつもやってるらしき公開リハーサルでは次の3曲。どうせ本番で歌うのにここでバンブー歌っちゃうのかとか思った。つーか、本番と違う曲演る ってのはリハーサルなのかどうなのかって気もするけど観る方としては色々聴けて万々歳なのでよし←それもいいよ。

  1. Tea
  2. バンブー
  3. スクランブル街道

本番は次の5曲。

  1. ちょうどいいとこにいたい
  2. テレパシー
  3. アミリオン
  4. ジェットコースター
  5. バンブー

表参道で演ったっていう未発表曲を期待したけどなかった。残念。

終演後はCD購入特典の本人からのポスター手渡し(握手つき)。3月のライブも行きますって言ったら「ぜひぜひ」って言ってた。200人くらいはいたと思うんだけど、大変ですなぁ。

なお、クリスマスライブで見かけた二人が一緒に仲良く来ていたのも確認、一安心した。結婚式にはぜひ呼 んでいただきたい。別に何もしてないけど。

バンブー/マウンテン2枚目

作成者:mattz 作成日:2010/02/10(水) 18:16

そして2枚目。何はともあれ応募した。当たんないかなぁ。当たんないだろうなぁ。

それはともかく、「バンブー torrent」とか「バンブー mp3」とかで検索してくる馬鹿。昨日も書いたが1枚なら本物のCDやるから、メールででもTwitterででも言ってこい。俺に。なんなら(日本国内なら)送料も負担してやる。先着1名だがな。

大体、レコチョクとかiTMSとか200円、300円で買えるところがいくらでもあるし、多少待たなきゃいけないけどレンタルだっていいのに、それすらも払う気がないとかもうね。どうしても聴きたきゃラジオででも聴け。

しかし、BitTorrentの仕組み知ってるのかな?この人たち。

楊令伝13巻の発売日

作成者:mattz 作成日:2010/01/25(月) 10:43

さらに追記

文庫版楊令伝の発売日は、毎月アニキが教えてくれるので、ソープじゃなくて、公式サイトに行け。

追記終わり。


追記

13巻の発売日は4月26日。

追記終わり。


楊令伝の発売日が近づくと「楊令伝 ○○巻 発売日」みたいな検索フレーズでここに来る人が増える。ここ最近も12巻の発売日を求めてこのブログを開くやつが増えている。多分4月くらいになったらこのエントリに検索経由で来るやつも増えるだろう。

はっきり言うぞ。お前らは検索が下手だ。検索の仕方も色々あるけどな。こういう場合は、発売日そのものを探すんじゃなくて必ず知ってるであろう人を探すんだよ。楊令伝の発売日を知りたいならそれを売り出すやつに聞け。要するに集英社。集英社のサイトに行けば新刊情報とか載ってるから。こんな個人のブログに来ても仕方がないだろ。

ちなみに楊令伝の13巻は4月に発売になるはずだから4月になったらソープ集英社_書籍・文庫検索に行け。このURLは集英社がその月に発売する単行本の一覧を表示するためのURLだ。4月に開けば13巻も多分載ってるだろう。集英社のサイトの仕様が変更になってこのURLで求めるものが見つからないこともあるから集英社のTOPも案内しておく。そこに行って検索しろ。すぐ見つかる。

あと、流通の都合とかいろいろあるんで、サイトに26日って書いてあっても、25日に書店に並んでたりはするけどそこまでは知らん。

それと、楊令伝とは関係ないけど、「内田春菊 アメブロ」とかで検索してくるやつも多いが、お前はいったい何が知りたいのだ?内田春菊のブログがみた いのか?アメブロまで知ってるんだったらなんで「アメブロ」まで行ってから「内田春菊」を探さないんだよ。ここに検索フォームあるだろ?「内田春菊」って入れてみ?すぐ見つかるから。

そうじゃない、春菊さんのブログに言及してる人を見つけたいんだってんなら、キーワードに「アメブロ」はいらん。ブログ検索(Google ブログ検索, Yahoo!ブログ検索とか)で「内田春菊」を検索するのが近道。

ググレカスって言うけど、なんでもかんでもGoogleに訊けばいいってもんじゃないんだよ。大概のことはGoogleに訊けば解決するのも確かだが、そればっかりじゃ効率悪いぞ。

ライフハックとは?

作成者:mattz 作成日:2010/01/05(火) 12:01

Wikipediaによれば、

LifeHack(ライフハック)は、情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率よく行うかを主眼とした技術(テクニック)群である。

はてなキーワードはこう言う。

効率良く仕事をこなし、高い生産性を上げ、人生のクオリティを高めるための工夫。

Lifehacking.jpさん曰く、

日常の仕事や、生活の些事を少しでも楽にするための、ちょっとした工夫

これは前にも紹介したことがあるのだけど、百式管理人さんの言葉。

人のいうことを鵜呑みにせず自分で考えて工夫、改善していく生き方

ライフハックとは思想(イズム)だと思っている僕が一番近いと思うのは最後のやつ。効率よくこなす技、ではなく「効率よくこなそうとする心」こそがライフハック。技や工夫はただの技や工夫であってライフハックではないと思います。

僕自身もその手の技は大好きで、僕なりの技もそれなりに持っていますが、いわゆるライフハック系のサイトは購読していません(以前はいくつか購読して いたので、更新が止まっちゃっているようなブログがLDRに残っている可能性もありますけど)。別にライフハック系サイト自体を否定するつもりはなくて、大いにやっていただければいいと思うんですが、購読までする必要はないというか、これも前に書いたことですが、むしろすべきではないと思っています。

ライフハック系のサイトを購読していると、配信されたの読んでブックマークして満足しちゃいません?必要になったときにすぐに探し出せるよ、俺は、って言う人はそういう運用でいいのかもしれませんけど、僕の場合自分のブックマーク(clip)から発掘するのも、Googleで検索するのも大して手間変わらないんですよね。タグのつけ方とかが下手なんでしょうけど。

もっとも、効率よく作業ができるようになって余った時間を何に使うかって言ったら、漫画読んだりゲームしたりしてるわけですが、そういうことをやる時間が欲しくてハックしてるんだからいいんですよ。ほっといてください。

2009年12月度 ブラウザシェア at ま゚^3

作成者:mattz 作成日:2010/01/04(月) 11:46

12月の調査。11月との比較も出してみた。

ブラウザ バージョン シェア 増減
IE 49.0% +6.5
内訳 8 28.2% +3.5
6 11.2% +0.9
7 9.5% +2.0
5.5 0.1% +0.1
Firefox 27.3% +1.1
内訳 3.5.x 23.5% +2.2
3.0.x 3.2% +0.1
3.6 0.4% +0.1
2.0.x 0.2% -1.2
Opera 11.6% -7.2
内訳 10.00 10.5% -6.6
9.64 0.6% -0.2
10.10 0.1% +0.1
9.63 0.1% +0.1
9.52 0.1% -0.4
9.60 0.1% +0.1
9.62 0.1% +0.1
8.6 0.0% 0.0
9.27 - -0.1
9.3 - -0.1
Other 0.1% 0.0
Chrome 6.5% +0.5
内訳 3.x 4.3% +1.2
4.x 2.3% -0.3
1.x - -0.1
Safari 4.7% -0.3
Lunascape 0.5% -
Mozilla 0.2% -0.5
IE with Chrome Frame 0.1% +0.1
Netscape 0.1% -
Camino - -0.1
DoCoMo - -0.1
合計 100.0% -0.1

12月はどういう訳かDLとかダウンロードとかmegauploadとかtorrentとかいうキーワードをつけて検索してくる輩がやたらに多く、全体のアクセス数が急増 しました。各ブラウザのシェアの増減は、その辺の連中の使用ブラウザの傾向を反映したものになった模様。

何が増えて何が減ったかは表をご覧下さい。

ページ