ろくに使ってないなら比較すんなっての

作成者:mattz 作成日:2008/10/23(木) 18:55

Operaを使おうかどうか、って人がこういうのを読んで、「Operaはダメ」だとか思われたらたまらん。

via:http://d.hatena.ne.jp/ningenmiman/20081023/1224711428

Opera9.60

Opera9.60は起動も動作も軽く、見た目もシンプルで良い。

起動、そんなに速くもないよ。俺なんかは色々使い込んでるせいだろうけど。

カスタマイズ性ははSleipnir1.66やFirefox3等には引けを取らない。

SleipnirもFxもまともにカスタマイズして使ったことないからここは無視。

メモ機能だけは抜群に使い勝手が良いが、Firefox3にはメモ機能と同等のアドオンがあったりする。

そりゃ真似して後から作ったんだもん[要出展]。

カスタマイズ後はともかく、初期レイアウトは割と煩雑でIEから入る人にとってはとっつきにくいと思う。

さっきシンプルでよいとか言ってたのに。

Operaにおける拡張機能、ウイジェットは全然充実してないし、実用的なアドオンが全く見当たらない。

だから、その必要としている実用的なアドオンだの拡張機能ってのはどんな機能なんだよ。ホントにOperaに実装されてない機能か?登録されてるウィジェット は全部試したのか?そもそもほんとに必要なら簡単に作れるんだぜ?ウィジェット。「簡単」は言い過ぎた。ごめん。

検索バーに検索ワード履歴機能が付いて無い事や、RSSリーダーが使いにくいことも難点である。

検索バーなんか使うのがいけない。アドレスバーに検索キーワード入力してからもう一回書け。確かに「検索ワード履歴」とは違うものだが、ワード履歴なんかよりよっぽど役に立つぞ。そもそも同じキーワードで何回も検索するなんてのは、要領が悪いって言うんだよ。検索結果のタブ残しとけ。つか、よく読んでみたらFx3にも同じこと言ってやがる。メインブラウザじゃねーのかよ。

あと、使いこなせないだけなのを使いにくいとか言わないで。それなりに使いやすいよ、それなりに。

特にメール(M2)と併用するとまた違ってくると思うよ。メールは使わないとか言われちゃったけど。

とはいえ俺もOperaのRSSリーダは常用としては使ってないけどね。イントラ内のFeed専用。インターネットなFeedはローカルに保存されてもしょうがねーし。

ワンクリックで本体自動更新出来ない所も地味に使いづらい。(企業系ブラウザなら導入して欲しい)

うん、まぁそうだね。

どうせWeekly入れちゃうし、俺はどうでもいいけど。

カスタムしないとJavaやActiveX切り替えがワンタッチで出来ない。(使用者の事を考慮してない)

(ActiveXは置いといて)Java(JavaScriptかなぁ)のOn/Offなんかそんなにしょっちゅうやる?使用者のことを考慮していないとか言い切っちゃってるけど、多分 大多数の人にとってはそんなボタンが最初からあったら混乱するだけだし、最初から表に出しとくこともない、というのも、使用者のことを考慮したことになるん だが。

On/Offを細かく切り替えたりしながら使いたいようなオタは好きなようにカスタマイズしろや、つーか。まぁ個人のスタイルにけちつけるだけになりそうなのでこの辺で黙る。

ちょっとはSleipnir1.66の仕様とかを見習って欲しい。

勘弁してください。OperaはOperaであることが魅力なのに。Sleipnir1.66の仕様なんか知らないけど。

本当にこれを有料で売ろうとしてたんだろうか。

いつの話をしてるんだ、いつの話を。ちなみにPC用は3年くらい前に無料化。プラットフォームによっては今でも有料。

後、個人的にはブラウジングしてる時にメールボックスなんて読まないので必要無いと思う。

そうか。俺は必要だわ。見解の相違。

ためしにメールリーダーを使ってみたら著しくレスポンスが低下したのでメール設定を消した。

使わないものは消すのが一番だよね。メニューバーとかメインバーとか。

増田ぶらうざ

作成者:mattz 作成日:2008/10/19(日) 01:17

2009/10/20 公開中止に伴い追記

設計が悪いってのもあるんですが、重くて使いものにならないし、そもそもここ3ヶ月ほどはどなたも使ってない(使えなかったんだよな、多分)ようです し、うっかり登録しようとしてしまう人がいないとも限りませんので、公開を中止します。

保存されていた登録情報(ログインID、暗号化されたパスワード、どのエントリを増田ぶらうざで読んだか)に関しては、2009年10月31日をもって全て削除させてい ただきました

以下、元のエントリ。


こっそりTwitterに流したりしてたので一部気が付いてブックマークした方なんかもいましたが、「増田ぶらうざ」ってのを作ったので公開。

URLはhttp://w-mattz.xii.jp/masuda.cgi

要するにはてな匿名ダイアリーのビューアなんですが、機能的に不満があったので基本的には自分用として作りまし た。

よければ使ってみてください。

履歴とか

2009/10/20
公開中止。
2008/11/26
検索機能を追加しました。表示位置とかは暫定的なものです。
2008/10/30
訳あって色々作り直しました。機能的には少し落ちてます。
設定とかまとめて既読化が今はできなくなっています。近いうちに実装予定。
2008/10/22
ユーザ毎の設定画面を追加しました。今のところ設定項目は1つしかないです。
2008/10/21
エントリ一覧をタイトルで表示するようにし、その分、1ページの表示エントリ数を減らしました。他にも細かい調整いくつか。
2008/10/20
登録情報の削除機能を追加しました。
まとめて既読にする機能を追加しました。
各エントリ、と未読エントリ一覧にはてなブックマーク数とlivedoorクリップ数を表示するようにしました。
2008/10/19
aboutページ(プライバシポリシーとか)を追加。
2008/10/19
とりあえず公開

gihyo.jp用のUserCSS

作成者:mattz 作成日:2008/10/07(火) 14:59

momizineがいつまでたっても書いてくれないので書いた。リクエストはしていない。

#sub,#footer,#secondary,#header{
        display: none !important;
}
#wrapper,#primary,#main{
        width: 100% !important;
}
#content{
        margin:0 auto !important;
        width:80%;
}

ヘッダもフッタも右側のメニューも全部要らないのでばっさりとdisplay: none !important;。あと適当に幅調整して1カラム化。スクリーンショ ットとか載せるといいんだろうけど面倒くさいので省略。

ブログチャートとかAMNとか

作成者:mattz 作成日:2008/10/06(月) 18:44

当ブログにもブログチャートのバナーは貼り付けてたりしますけど、なんかレベル7ドレイン食らったなぁ、とか思ってたら、アジャイルメディア・ネットワー ク株式会社(AMN)からメール。以下に一部引用。改行の位置は読みやすいように若干変更してます。

このたび、ブログチャートのレベル評価方法に一部不具合があり、レベル評価方法の修正を行いました。

本日、10月6日14時30分にレベル評価の変更を反映させていただきました。

この修正により、一部の方のブログのレベルが変動することがあります。

レベルの評価方法に不具合がありましたこと、対策のための修正により、レベルが変動してしまうことについてお詫び申し上げます。

別にレベルが下がろうが不具合があろうが構わないんだけどさ。

前にもあった

し。ブログチャートのページにも、AMNのサイトにも何にもお知らせ出さないのな。

そういう姿勢ってどうかと思うよ。

Line Rider iRideを買った

作成者:mattz 作成日:2008/10/06(月) 17:25

Line Rider自体は、はてなダイアリ時代に何度も取り上げているのだ けど、まぁ飽きたこともあってここのところやっていなかった。iPhone・iPod touch ラボで久しぶりに見かけて、ちょっと寝かしてみましたが、それでも「値段も安いし買ってもいいかな」と思えたので購入。有料のアプリを購入するのは初めて。

iPod touchでtrackを作成するのは少々苦しいので、もっぱら公開されているtrackをダウンロードして鑑賞するのがメイン。昨日現在のRateランキングでトップだったtrackがなかなか面白くて感心してしまった。これは全く思いつかなかったわ。

僕は繁殖できなかった

作成者:mattz 作成日:2008/09/29(月) 16:49

春菊さんの定義によれば3人作って初めて繁殖だそうですから。

既に文庫化も始まっている本作は、内田春菊自身の生活そのものを(誇張はあるにせよ)面白おかしく漫画化しているものなのですが、どういう訳か1巻から新刊 で買い続けています。何巻を読んでも「凄い人だなぁ」という感想しか出てこない。真似は出来ない。したいとも思わないけど。

漫画で読む限りにおいて、ですが、相当ハチャメチャな人であり「あ、こんな人もいるんだ」って思えて、少しだけ楽になれるかもしれませんので、育児や男女関係でお悩みの方は、読んでみるってのも一つの手です。

ページ