現在地

Togetterをフィルタリングするuser.js

作成者:mattz 作成日:金, 06/03/2011 - 16:48

http://mattz.xii.jp/sites/default/files/togetter-filter_100.js
http://mattz.xii.jp/sites/default/files/togetter-filter_100b1.js

出来ること

  1. 指定したIDによるまとめを一覧から除外
  2. 指定したキーワードをまとめタイトルに含むまとめを一覧から除外
  3. 指定したID(1とは別管理です)によるコメントをコメント欄から除外
  4. 指定したIDのtweetを一時的に抽出/非表示/強調する機能を追加(1.0.0で追加)

簡単な使い方

user.jsそのものの使い方は省略します。

まとめのタイトルによるフィルタリング

このuser.jsを有効な状態でTogetterの「注目のまとめ」などの一覧ページを開くと、各まとめのタイトルの左に[NGワード登録]というボタンが表示されま す。
これをクリックすると、入力用のダイアログが開きます。初期状態ではそのまとめのタイトルが既に入力済みの状態になっていますので、適宜編集して[OK]ボタンを押すと、そこで登録した単語(文字列)を含むまとめは、「NGタイトルにより非表示にされています(クリックで再表示)」という表示に置き換わります。

これをクリックすると、フィルタリング対象のまとめでも表示し、登録してしまったNGワードを削除することもできます。

なお、「,」半角のカンマはNGワードに使えません。

まとめた人のIDによるフィルタリング

このuser.jsを有効な状態でTogetterの「注目のまとめ」などの一覧ページを開き、各まとめのまとめた人のアイコンをクリックすると、「このユーザの作 成したまとめを非表示にしますか?:○○」というダイアログが開きます。

[OK]を押すと、以後その人の作成したまとめは、一覧に表示されなくなります。復帰させたい場合は、その人のプロフィールページ(http://togetter.com/id/○○)に行くと、ページの左上の方に「このユーザのまとめは現在フィルタリング対象です。→[解除]」というメッセージが表示されますので、「解除」ボタンをクリックしてください。

コメント欄のIDによるフィルタリング

このuser.jsを有効な状態でTogetterの何かのまとめを開き、コメント欄の誰かのアイコンをクリックすると、「このユーザのコメントを非表示にしますか ?:○○」というダイアログが開きます。

[OK]を押すと、以後その人のコメントは、どのまとめページにも表示されなくなります。復帰させたい場合は、その人のプロフィールページ(http://togetter.com/id/○○)に行くと、ページの左下の方に「このユーザのコメントは現在フィルタリング対象です。→[解除]」というメッセージが表示されますので、「解除」ボタンをクリックしてください。

特定IDの抽出/非表示/強調

このuser.jsを有効な状態でTogetterの何かのまとめを開き、誰かのつぶやき部分をクリックすると、

このような物が表示されます。

[Pick-up]を押すと、その人のtweetsだけを残して、他の人のtweetを非表示にします。
[Remove]を押すと、Pickupの逆でその人のtweetsを非表示にします。
色付きの■部分を押すと、その人のtweetsのフォントカラーをその色に、背景色をアイボリーに変更して、少し目立つようにします。

やめたいときは「Click (or press [ESC]) to close.」部分をclickするか、Ecsキーを押してください。

また、これらの抽出/非表示/強調はあくまで一時的なもので、ページを読み込み直すと元の状態に戻ります。