現在地

CD

ナクナイ

作成者:mattz 作成日:2010/12/15(水) 12:05

ジャケット写真が微妙にぼやけて見えるのは、「飛び出すたむらぱん仕様」と申しまして、初回版に付属の3Dメガネ(普通の赤青のやつなので、別に付属品 である必要はないけど)でみると立体的に見えるという遊びです。歌詞カード、というかブックレットに掲載の写真も全部(数えてませんけど結構な枚数で、外見も含めてたむらぱんファンな僕的にはとても嬉しい)飛び出すたむらぱん仕様で大変楽しめました。初回版にはさらに9月のライブの模様(全19曲!)が収録されたDVDも付いていて、とってもお得です。

肝心の収録曲についてなのですが、正直に言うと「ノウニウノウン」を初めて手にした時ほどの衝撃はありませんでした。

というのも、収録前12曲の内6曲は既に購入済みシングルにも収録されています(「ラフ」なんかホントに凄くいい曲なんですけど、もう何十回聴いたことか)し、2曲はライブで一度だけとはいえ聴いていますし、1曲はCMソングとして耳にしていることもあって、完全にフレッシュな気持ちで聴けたのは3曲だけなんですよね。そもそもたむらぱんに慣れてきたというのが大きいかもしれません。

まぁそうは言っても、落ち着いてアルバム全体を眺めてみれば、ファン的には名曲ぞろいですし、当分はヘビーローテーションです。今のところは「とんだって」が一番のお気に入りですね。

ラフ

作成者:mattz 作成日:2010/10/19(火) 22:15

発売日の前日であり、予約していた初回版を買ったので改めて。初回版はすでにお見せしたのでamazonさんのリンクは通常版で。

コロムビアがおしているのか、事務所が頑張っているのか、単にこれまでの活動で知名度が上がってきているのか、表題曲である「ラフ」は結構メディアへの露出が増えてきています。テレビは、エンディングテーマになっている「世界ふしぎ発見」以外ではまぁtvkくらいですけど、FMラジオを日常的に聞いている方なら、一度くらいは耳にされているのではないでしょうか。

で、初回版に入っているラフのPVのDVDを改めて(先日のライブで流したり、tvkで視聴したりはしているので)観てみたのですが、これ実際は7分あるんですね。奇妙なキャラクタたちとの摩訶不思議な映像は、一見異国での撮影かななんて気もしますが、実は伊豆大島で撮ったそうです。曲も含めてファン的には傑作に感じてたりしますが、ファンでない方にはどうでもいいですよね。

これからしばらくリピート再生予定。

新曲リリース予定

作成者:mattz 作成日:2010/08/23(月) 17:06

3月のライブの時に当日発表の3曲の中で一番のお気入りで早期CD化希望と書いた、「ラフ」が、めでたくシ ングルとしてリリースとの

正直言ってもうどんな曲だったか全く覚えてませんけど。

予約すると、また記念イベントとかあると困ることになるので、とりあえず、タワーレコードのイベント告知ページをまめにチェックしよう、などと思った。といっても自分で見に行くとかちょっと何言ってるのか分からないです、って感じなので、pipesとかでどうにかしようと思ったのだけど、pipesはdenyされてるみたいだし、作り的にページをFeed化する系の色々があまり有効じゃない感じなので、どうにかこうにかする何かをどうにかしてみた。

SOS

作成者:mattz 作成日:2010/07/23(金) 22:44

7月21日発売のたむらぱんの新曲「SOS」の発売を記念したミニライブに行ってきました。

「SOS」のPVを監督したというモリタさんという方と、当のPVや、たむらさんが声優として出演のもやしもんに関して少しトークをした後に、カップリング 曲の「ストーリーテラー」、初回限定版のみに収録の3曲目「マイホームタウン」、通常版のみに収録の3曲目「葉っぱの航海」の3曲を披露しておしまい。

相変わらずの微妙なトークに苦笑し、発売記念イベントなのに表題曲を歌わないという予想外の展開に少々驚いたりしながら、楽しんできました。

演奏後はCD購入特典の握手(&ポスター手渡し)会で、ポスターを頂戴しました。

平日の夜ということで同じ新宿タワーレコードで行われた前回ほどではありませんでしたが、結構な人出でしたよ。

ダンディズム

作成者:mattz 作成日:2010/06/11(金) 22:35

過去二度ほど他人からダンディと評されたことがある。私自身ではダンディであるのかないのかよく分からない。ただ、犬神明であったり、次元大介であったりに対して、彼らの生き方に憧れるようなところはあるので、ダンディであることを好むのは間違いないと思う。

もっとも、一口にダンディと言っても、色々と含みを持たせる(ナルシシストであるとか)こともできる言葉のようで、私をダンディと言った彼女達(そう。 驚いたことに二度とも女性である)の真意の程は分からないし、さほど知りたいとも思わない。素直にほめられたのだと思うことにしている。

それはさておき、私にとってダンディと言えばやはり「右曲がりのダンディー」であり、私はと言えば左曲がりである。

こんなCDを買ったので思い出したのでした。

「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」を試写会で観た

作成者:mattz 作成日:2010/04/17(土) 13:23

映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』公式サイト

クスっと笑うようなところもそこそこあって、まぁそれなりに楽しみはしたんですが、試写会でしたからね。まぁ、そういう人以外はわざわざお金払ってこんな映画観ようとは思わないでしょうけど、出演者の誰かの大ファンとか、クドカン大好きとか、とにかくB級映画が好きなんだとか、じゃない限りはチケ ット買って鑑賞するのはお勧めしません。

そういう僕は出演者の一人である仲里依紗さんが大好きなんですけど、試写会で満足しちゃったんで、チケット買ってまでは観ないです。DVDとかも出るん だろうけど、よっぽど何か特典映像とか付録に魅力がなかったら買わないと思う。時かけは買う。

で、その仲さんが演じるところのゼブラクイーンの写真集。

780円と写真集としては結構お買い得です。まぁ、ファン以外にとってはまったく興味がわかないと思いますけど。

ゼブラクイーン名義でCDデビューもしちゃいます。

サイトではPVも公開していますが、意外にかっこよくて結構何度も観ちゃってます。一発ネタなのにもったいない。

21世紀の「時かけ」

作成者:mattz 作成日:2010/03/17(水) 14:27

一昨日のことですが映画『時をかける少女』を観てきました。

これが公式バナー。はさすがにもう死んでるみたいね。

シナリオ上の粗は結構あります。ただ、タイムスリップ(作中では一貫してタイムリープと呼称)ものを、矛盾も無理もなくエンターテインメントとして 仕立て上げるのは相当難しいことだと思います。そういう「粗探し」をついしてしまうんだよね、とかいう人は観ない方がいいかもしれません。「こまけぇこたぁいいんだよ」と言える人にはぜひ観て欲しい作品です。特に1983年版をリアルタイムで見た世代にはお勧めです。

観るにあたって、大林宣彦版、細田守版を先週末に観てみたのですが、この2010年版も負けてはいないと思います。異論は認める。

あらすじとかは、公式サイトなり他の映画情報サイトでも見ていただきたいのですが、予告編が「時をかける少女(2010)の動画 - 予告動画 - 映画のことならeiga.com」で観られます。この予告編がねぇ。本編観てから観ると泣けるのよ。俺だけかもしれないけど。

大林版の続編的な、みたいなことを書いてるレビューが多いんだけど、確かに映像的には大林版を引き継いでるっぽいんだけど、どちらかというと、原 作小説の世界から続く世界を描いているんだと私は思います。「ケン・ソゴル」ってはっきり言うしね。そこだけが根拠って訳ではないけど。ゴロちゃんの姓とかね。

こちらが大林版

そしてアニメ版

2010年版はさすがにまだなので主題歌で

んでね。

あえて、ここまで触れなかったんですけど。

仲里依紗が可愛すぎるので注意。

というか、この映画、仲里依紗の可愛さが最大の魅力なのです。

もうね。恥ずかしながら『オフィシャル・コンセプト・フォトブック「時をかける少女」仲 里依紗』とか買っちゃいましたもの。

仲里依紗だったら、下ネタに知らないフリをしても、上目遣いをしても、話し声をワントーン高くしても、なにをしても全て許す。

アニメ版初見時にこの頃の原田知世の可愛さは異常などと書きましたが、この映画の仲里依紗はそれに匹敵します。異論は認めたくない。

バンブー/マウンテン2枚目

作成者:mattz 作成日:2010/02/10(水) 18:16

そして2枚目。何はともあれ応募した。当たんないかなぁ。当たんないだろうなぁ。

それはともかく、「バンブー torrent」とか「バンブー mp3」とかで検索してくる馬鹿。昨日も書いたが1枚なら本物のCDやるから、メールででもTwitterででも言ってこい。俺に。なんなら(日本国内なら)送料も負担してやる。先着1名だがな。

大体、レコチョクとかiTMSとか200円、300円で買えるところがいくらでもあるし、多少待たなきゃいけないけどレンタルだっていいのに、それすらも払う気がないとかもうね。どうしても聴きたきゃラジオででも聴け。

しかし、BitTorrentの仕組み知ってるのかな?この人たち。

バンブー/マウンテン1枚目

作成者:mattz 作成日:2010/02/09(火) 21:12

予約していた新宿タワーレコードで購入。

「バンブー」はクリスマスライブでも聴いたし、PVは早々にフルバージョンを公開してたので結構何度も聴いているのですが、収録されている3曲の中では 一番わかり易い曲。少しだけどテレビ露出もあるみたいなので今よりもう少し注目されるようになるといいなぁ。

「マウンテン」はアニメの主題歌にもなってたりしますが、なんというかめちゃくちゃな曲です。最初に聴いたのは、昨年10月の世界パンタム級ツアー@渋 谷クアトロのときでしたが、その時は正直なんだかよくわからなかった。その後、WOWOWのイベントで演ったときの模様が放送されたのを観て、なんという ブッ飛んだ曲だと思ったものです。今聴いてもやっぱりブッ飛んでると思います。

「パラダイス」他の2曲とは違ったおとなしい曲ですが一番たむらぱんらしいといえばたむらぱんらしい1曲。

今のところたむらぱんの一般への認知度はせいぜい「Fit'sのCMの歌うたってる人」程度だと思いますけど、3曲通して聴くとたむらぱんてのはこういう歌を歌う人だよ、てのがよく分かる1枚になってると思います。

んでもってこのCD、実はamazonでも注文してあって、多分明日届く。

なんで2枚も買ったかというと、まず、新宿(じゃなくてもいいんだけど)のタワレコで買うと、13日のインストアライブのあとの「特典引き換え会」に参加 できるから。本人から手渡しと言われては行かないわけにいかない。予約者優先とも書いてあったから速攻で予約もしましたさ。

それだけであれば、タワレコで予約した時点でamazonの方の注文はキャンセルすればいいようなものですが、初回版に封入のチラシには応募用のIDがついてて、そのIDで「3月のライブのバックステージ招待」に応募できるから。まぁ2枚やそこら買ったところで当たるとも思ってませんけど、当たればやっぱりうれしいですから。

そんな訳でCD1枚余ってます(余る予定です)。応募用のIDは差し上げられませんが、布教活動の一環として興味のある方に差し上げます。というかいくら好 きだといってもCD2枚も持ってても意味ないので、誰かもらってくれませんかね。ホントに。

5years

作成者:mattz 作成日:2010/02/04(木) 10:17

木村カエラのデビュー5周年記念のベストアルバム。パッケージは2種類あって、僕が買ったのはこっち。

こちらは2枚組みですが、Disc1は新曲が1曲(You bet!!)ある以外は全部どこかに収録済みのものなので、元々のファンにはあまりありがたくない。Disc2の 方は未発表曲も結構あったりスチャダラパーと組んだ「Hey! Hey! Alright」とかも入っている。正直な思いとしてはこれで3500円はお高いです。

ちなみにジャケ写の女の子はケーシーちゃん(3)だそうです。

特に彼女のファンじゃなくてベストなら買ってみようかな、って人だったらこっちの通常版で十分かなぁ。

しかし、こうしてみると意外にベストアルバムって難しいんだな。ファンじゃない人にとってはベストアルバムって確かにお買い得感あるし、聴いてみようかなって気にもなるだろうけど、ファンにとってはジャケット以外要らねーってなる訳で。そのファン向けの限定版用のジャケットがケーシーちゃん(3)で いいのか?コロムビア。

ページ