現在地

CD

10周年おめでとう

作成者:mattz 作成日:金, 07/11/2014 - 15:28

木村カエラ、デビュー10週年を記念したベストアルバム。ジャケ写の女の子はちゃんと調べてないけど、5yearsと同じ、ケーシーちゃんだと思います。5yearsの時が3歳と書いてあるので、きっと今は8歳。

収録曲はamazonのリンク先でも見てください。レビュー見ると文句多いですけど、内容が不満なら買わなきゃいいだけの話だと思うんだけどね。実際、新収録曲が全くないのが不満だったのでtamuLAPINはスルーしましたし、試聴したらいまいちだったのでROCKはスルーしました。バイタリティレコードと日本コロムビアには猛省を促したい。

あ、あとついでにOLE!OH!(初回限定盤)も買いました。

実はインポートだけして、ろくに聴いてないんですけどね。

love and pain

作成者:mattz 作成日:水, 12/18/2013 - 10:08

たむらぱん、メジャーデビュー後6枚目のフルアルバム。

まだ1回しか通しでは聴いてないのですが、明らかにアレンジがシンプルになっているのが分かる。「おしごと」とか「直球」みたいなキャッチーな曲はなかった気がしますが、「人間」をテーマに言葉とメッセージに重点を置いて作ったそうなので、これからじっくり詩の内容も噛み締めて聴いていこうと思います。

初回版のおまけは昨年11月のSHIBUYA AXの模様を収録したDVD。権利的に難しいだろうし期待はしてませんでしたが、エビ中関係の収録はなし。たむらぱんの歌う「結果オーライ」と「大人はわかってくれない」は是非また聴きたいので、ついでに「誘惑したいや」とか「パタパ」とか、作詞だけだけど「ハレの日の結末」とか、この際だからこれも作詞とコーラスだけだけど「マツケンカレー」とかも全部入れてCD出すとかしませんか?しませんね。すいません。

ココ

作成者:mattz 作成日:木, 10/24/2013 - 18:41

シングルは1年5ヶ月ぶりだとか。ちなみにブログ書くのは4ヶ月ぶりです。

アニメ「京騒戯画」の地上波放映にあたって主題歌として書き下ろしたそうです。だからかどうか、出だしの展開がものすごくアニソンっぽくて、そこを除いてはとても気に入りました。カップリングの「自分を」も良曲。

初回限定盤は、特典のラジオCDとやらに特に魅力を感じなかったのと、ジャケットが京騒戯画仕様なので通常版を買いました。12月にはアルバム(love and pain)も出るし、11月、2月ライブはあるし、おまけに来週にはカエラの新譜も出るので財政危機です。

Sync (木村カエラ)

作成者:mattz 作成日:水, 01/16/2013 - 18:40

木村カエラ7枚目のアルバム。

んー。個人的には、と前置きしちゃいますけど、印象うすい1枚。駄曲もないんですが、これぞという良曲もなく、普通によくできたアルバム、という感じしかしなかった。ので、あんまり聴きこんでなかったりします。あれか。しのっぴ(渡邊忍)の曲が「WONDER Volt」しかないからかもしれない。

発売から1ヶ月もたってからわざわざ取り上げといてこれか、って気もしないでもないですが。

worldwideじゃないよ

作成者:mattz 作成日:木, 10/25/2012 - 21:49

wordwideね。

前作mitainaから9ヶ月、たむらぱんの5枚目のアルバム。アルバムタイトルの「wordwide」は、

音がどんどん変わっていく中で「逆に自分の中で変わってない部分ってどこだろう?」って思ったときに「歌詞とか言葉だろうな」って。

こんな感じで付けられたそうで、聴く方もそれなりに詞の内容まで読み取っていきたいところなので、通しで聴くのに少々覚悟が要る感じがします。そんなに毎回気合入れて聴いてるわけじゃないですけど。

ちなみに、今回のジャケットデザインもかなり凝っていて、手にとって、触って、角度変えて見たり、拡大鏡使って見たりなどしていただくと、いろいろ発見があります。みたいな話を、先日のトークイベントで聞いていたおかげで、十分堪能しました。あ、でもこれ初回版だけなのかな。

2種類ある初回版のAとBの違いですが、Aが「TAMURAPAN 5th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE」で、6月に行われたデビュー5周年記念ライブの映像を収録したDVD、Bは「TAMURAPAN Music Video Collection」と称して、最新の「ぼくの」なども含んだ13曲のPVを収録したDVD、がついてきます。たむらぱん本人のおすすめはBだそうです。僕はPV集も欲しかったし、観に行ったライブはやっぱり観返したかったしで、仕方ないので両方買いました。さすがに通常版までは買ってないですけど。

なお、正直言って、このアルバムに収録された12曲、たむらぱん初心者におすすめできる曲はほとんどありません。「ぼくの」とか「ふれる」くらいかな。僕個人としては「直球」とかすごく好きなんですけど、知らない人がこの曲聞いても、ひっかかりはしても好きにはならないと思うし。タイトルだけ並べてもちょっと意味分からないです、って感じ。

  1. new world
  2. おしごと
  3. でんわ
  4. ぼくの
  5. はだし
  6. ST
  7. ふれる
  8. 直球
  9. ヘニョリータ
  10. ポーズ
  11. 知らない
  12. でもない feat.Shing02

僕の感覚だと、もう「一見さんお断り」で割り切ったのかなって思うけど、たむらぱん/バイタリティとしてはどんなつもりだったのかすごく気になります。

とりあえず、11月のライブに向けていっぱい聴きこんでおこうと思います。と、その前に明後日の発売記念イベントか。11月のライブといえば、エビ中がゲスト参加決定だそうで。1,2曲一緒にやるだけだと思うけど楽しみですね。特にエビ中に興味があるわけではないですが。

マミレル

作成者:mattz 作成日:水, 05/23/2012 - 12:00

木村カエラの何枚目かのシングル。実は彼女のシングルを買うのは初めて(キットカット/(の|が)/おまけだったCircleは除く)。買ったのには理由があって、初回限定版には昨年行われた「オンナク祭2011」のライブの模様(12曲)を収録したDVDが付いているから。これで1500円ならお得でしょ。

新曲自体は、今のところ可もなく不可もなく、といったところ。カエラらしい曲ではあります。

お目当てのDVDは買って早速観てみましたが、「オンナク祭」は女性限定のイベントなので、曲の合間とかに聞こえる観客席からの声が黄色いのね。実に新鮮というか異様の雰囲気というか。ちょっと不思議な感じでした。ジャニーズ系のライブの様子とかも見たことないわけではないので、冷静に考えれ ば歓声が女性ばかりってのもそれほど珍しいもんでもないんだけど。

ところで、発売前後にいくつかのテレビ番組に出演していましたが、最初の「マ」にアクセントおいて発音してたのが意外でした。

あからさマーケティング

作成者:mattz 作成日:月, 02/13/2012 - 15:54

KOYO CD/DVD修復クロス復活王

傷ついちゃって読み込めなくなったCD、DVD、ゲームソフトがあったら、一度試してみてください。

うちにも読み込めなくなったPS2用ゲームソフトが2枚ほどあったんですが、ダメ元で買って試してみました。どちらもそんなに深い傷ではなかったようで、数分の作業で見事に2枚とも復活しました。

どんな傷でもって訳ではないでしょうし、絶対効果ありますよ、なんてことは言いませんけど。

たむらぱんの4枚目のアルバム「mitaina」

作成者:mattz 作成日:火, 01/24/2012 - 13:15

正直に言うけど、初聴時はあんまりピンとこなくて。何度か通して聞いた今でも、「ノウニウノウン」は超えてないと思ってます。僕の中では「ノウニ ウノウン」のインパクトはそれほど大きかった。最初に聴いたたむらぱんのアルバムがこの「mitaina」だったら、今のようなファンにはなっていないかもしれない。

と言っても、「mitaina」がダメなんてことは全然なくて、どの曲もそれぞれの曲ごとに違ったたむらぱんらしさが出ていますし、各種のインタビューでも本人が語っていますけど、曲順もこみでとても完成度の高いアルバムになっていますし、ファンになら楽しめる1枚だとは思いますよ。amazonのレビュー見るとかなりの高評価がついてますけど、あれみんな元からファンだった人のレビューのようですし多少割り引かれるのがよろしいかと。たむらぱん 未聴の方には「ノウニウノウン」か「ブタベスト」の方がお勧めです。

ちなみに、個人的には「フォーカス」と「かるかる」と「やっぱり今日も空はあって」が好き。

8EIGHT8

作成者:mattz 作成日:火, 10/11/2011 - 22:15

木村カエラの6枚目のアルバム、「8EIGHT8」です。

予約してたのを昨日買ってきて、3回くらい通しで聴いただけですが、いいですね。第一印象ではこれまでのアルバムの中で一番好きです。僕はしのっぴ(渡邊忍さん)作曲の曲が彼女には合っていると思っているのですが、今回のアルバムは全曲しのっぴプロデュースだそうなので、単に僕好みなだけかもしれま せんけど。

ちゃんとしたレビューはリンク先のamazonのカスタマーレビューでも見ていただくとして、おすすめです。

あと、初回版についているDVDに収録されているレコーディングの様子はめちゃめちゃ面白いので、ファンなら必見。

しんぱい

作成者:mattz 作成日:水, 06/29/2011 - 11:43

本日発売の7thシングル。タワーレコードで購入すると、招待ライブの応募券がついてるとのことで、タワーレコードで予約して購入しました。まぁ、ここ 最近はCDはだいたいタワレコで買ってますけどね。

最初聞いたときは、あんまり好きじゃありませんでした。昨日から今日にかけて何度か聞いて、少しずつアリかなと思うようにもなってきましたけど。カップリングの「WARAW」の方は、インディーズ時代の割と古い曲とのことで、実にたむらぱんぽい曲。実はこれも第一印象的には普通レベル。

ただ、トラック3以降に収録されている、「ラフ」、「バンブー」、「フレフレ」、「ゼロ」のLive version(音源は3月のパンダフルツアーファイナルのLIQUIDROOMだそうです)はかなりお買い得気分。「ラフ」と「ゼロ」は個人的に好きな曲TOP3に入る曲ですし。 ちなみにTOP3のもう一曲は「恋は四角」。

ちなみにamazonのページには「たむらぱんからのメッセージ」として、ムービーへのリンクもあったりしますので、ファ ンの方は一度ご覧ください。

ついででなんですが、こんな企画物も紹介しておきます。

この中の1曲、「天使のウィンク」をたむらぱんが歌っています。僕はアルバム1枚買う気にはならなかったので、moraで、1曲だけ購入しました。専用アプリとか入れなきゃいけないし、IEしか対応してないし、iPodで聴くためにはいったんCDに焼かなきゃいけなくてCD-Rの在庫 が家になかったのでわざわざ買いに行ったり、と色々面倒でしたけど。

労力考えたら2000円出して丸ごと買った方がよかったかもしれません。

ページ